大事なお金の話

前回公開(2023年6月)から1年後の投資成績発表

前回公表した2023年6月11日時点から約1年経過しました。

投資成績がどうなっているのか、忘備録としてまとめておきます。

2024年6月時点の投資成績はどうなった?

前回2023年6月11日時点が下記の通り

2021年12月以降のところで減少してるが、

リバランスや車購入のためなど、一部を現金化したためであり、基本的にはずっと右肩上がりで伸びてきています。

 

一方、2024年6月1日時点の投資状況はこうなっています。

この1年間でざっと1,500万円ほど増えていることになります。

国内株が1,100万円増

投資信託(SP500、NASDAQ100)が100万円増

ここには写っていませんが、信用買いで300万円ほど増えています。

すごい勢いで増えています。

ただしかし、NISA枠としては投資信託の分だけであり、国内株式はすべて特定口座なので売却した場合、利益の20%が税金として持っていかれます・・・

個別銘柄の状況

個別銘柄は下記の通り。

商社、銀行が思った通り、かなり伸びてくれました。

しかし、売るつもりは毛頭ありません。

また、それぞれ配当も大きいですので、頂いた配当はそのままNISA枠の投資信託(SP500、NASDAQ100)に回していっています。

今後の見通し(個人的感覚)

アメリカはインフレによる物価高騰が続いており、政策金利も上げているがなかなかインフレが収まらない模様。

一方で、経済の減速が見えてきているとのことで、利下げもこれからということだが、逆に日本はインフレがこれから本格化してきて、金利を上げなければいけない状況になってきている。

現に先日大手金融機関5行が住宅ローン金利の引き上げを発表したところ。

金利が上がれば基本的に株価は下落方向に向かうが、銀行においてはまさに利益増大環境なので、これからが本番というところ。

銀行株は既にそこそこ上がってはいるものの、これからが本番ではないかと思う。

 

まとめ

2024年に入ってからかなりの伸びを見せてくれた。

各社ともに増配、自社株買いと株主還元が大きかった。

経済アナリストにおいてはこれから日本株の時代が来る。

日経平均5万円、10万円も夢ではない

との発言もあるよう。

また、円安はどんどん進むとの見方もあるようなので、商社は為替による利益効果も大きいことから、まだまだ落ちないのではないかと思う。

まだしばらくインフレが続きそうなので、投資一択。

なお、投資は自己責任ですので、ご自身の判断でお願いいたします。

他にもお役立ちの記事があるかもですので、こちらから見ていってくださいね。

ABOUT ME
yuikayo
近畿圏在住の40代です。 妻、子と3人家族、ついに憧れのマイホーム建築! お気に入りのものなど発信していきます。