初めての間取り図、見積もり

こんにちわ、ゆいかよです。

一条工務店とのお話は2回目になります。

前回記載した、モデルハウス突撃にて一条工務店に良い印象を持ったので、プランと見積もりを見せていただくため、再度モデルハウスへ。

今回は、初めていただいた間取り図と見積もりについて公開いたします。

間取り図(見積もり用図面)

初めて出していただいた間取りは、設計士さんが作成したものではなく、営業さんが出してこられるようです。

オーソドックスなタイプのもの(?)を私の場合、3種類出していただきました。

要するに、広さとそれに対する金額をイメージするためのものという位置づけでしょうか。

一条工務店のモデルでは

軸組み工法(従来工法)の

・セゾンA

・セゾンF

・ブリアール

と、

2×6工法の

・iスマート

・iーcube

などといったものがありますが、

今回の見積もりは天井が高いモデルである軸組み工法、かつ、さまざまなものが標準で入っているセゾンF2で見積もりをいただいています。

間取り図(見積もり用1)

見積もり用1(1階)

見積もり用1(2階)

【延床面積 29.14坪 施工面積 30.79坪】

建築面積 15.91坪

・延床面積と施工面積については追って詳しく説明させていただくとして、例えば以下のようなものは延べ床面積には含まれないが、施工面積には含まれると考えてください。

延べ床面積に含まれないもの(簡単な例):玄関ポーチや奥行き2m以下のバルコニー、吹抜け部分、出幅が50cm以下の出窓など

・施工面積は簡単に言うと、工事費の算定に用いられる面積と考えてください。

必要となる土地の広さ

建築面積15.91坪ですので、建ぺい率60%の土地であれば、26.51坪以上の土地が必要となります。

15.91÷0.6=26.51坪

(2階建てであり、容積率は大丈夫と思いますので、考慮していません)

実際にはもう少し余裕を見ておく必要がありますので、おおむね30坪以下の土地で建てれるものということになるでしょうか。

間取り図(見積もり用2)

次いで見積もり2の図面です。

1の図面に加え、リビングに和室を隣接させたものです。(私の希望する条件)

見積もり用2(1階)

 

見積もり用2(2階)

ちょっと写真が斜めになってしまっており申し訳ございません。

【延床面積 31.29坪 施工面積 33.12坪】

 建築面積 18.22坪

必要となる土地の広さ

同じく、この図面の建物を、建ぺい率60%の土地に建てる場合

18.22÷0.6=30.36 坪となりますので、30.36坪以上の土地が必要です。

1の図面と比較してみると、4畳半の和室を追加するだけで一気に4坪以上広い土地が必要という計算になります。

間取り図(見積もり用3)

最後に、もう少し広い間取りとした場合のものです。(和室を6畳にしたもの)

見積もり用3(1階)

見積もり用3(2階)

【延床面積 32.71坪 施工面積 34.29坪】

 建築面積 18.61坪 

必要となる土地の広さ

同じく、この図面の建物を、建ぺい率60%の土地に建てる場合

18.61÷0.6=31.02坪以上が必要ということになります。

見積り金額(坪単価算出もしています)

どのようなものなのかだけを見ていただくため、見積もり用1の間取りのものを公開します。

なお、この見積金額は平成28年5月時点のものです。

以下、簡単に坪単価をまとめてみました。

(間取り2の見積もりはいただけていませんので表にはいれておりません)

初見積もり プラン金額比較(表)

見積もり時期2016年5月2016年5月
プラン見積もり用1見積もり用3
タイプセゾンF2セゾンF2
S1:施工面積(㎡)101.77117.6
S1:施工面積(坪)30.7935.57
S1:延床面積(㎡)96.38113.24
S2:延床面積(坪)29.1434.24
A1:建物本体工事19,578,10522,330,240
A2:諸経費(建築確認申請等)367,200393,000
A3:設計報酬108,000108,000
A4:付帯工事(屋外給排水等)965,000965,000
A:本体価格合計21,018,30523,828,540
B:オプション・標準外工事費用2,254,9002,523,600
C:オプション込最終合計23,273,20526,352,140
D1:建物本体工事のみの坪単価(A1/施工面積)(万円/坪)63.662.8
D2:本体価格合計坪単価(A/施工面積)(万円/坪)68.367.0
D3:オプション込坪単価(D/施工面積)(万円/坪)75.674.1

表を作成するのが初めてで、どうしてもコンマが入れられず、見にくくてすみません。

(7月22日修正)

画像と表の比較ですが、

工事費合計 23,165,205円(画像) + 設計報酬 108,000円 = 23,273,205円(表)

になっています。

これは消費税抜きの金額であるのと、以下の費用が別途必要になります。

・土地購入代金

・土地購入にかかる諸経費(登記費用、売買手数料など)

・さらに水道引き込み工事(ガス引き込み工事)

・外構工事

などが含まれておりませんので、それらを加味した金額が必要ということになります。

また、坪単価とよく言いますが、どこまでの範囲を含めたものなのか。

画像を見ていただければわかりますが、オプションと言っても、

・地盤改良工事 792,000円

・ベタ基礎 275,800円(画像では表記が切れていますが)

などというものが含まれています。

これらは土地の状況によって必要かどうかが変わるということになりますので、一応オプション扱いになっています。

どこまでの費用を含めて坪単価というのか、他のハウスメーカーさんと比較される際はこの点に気を付けてください。

見積もりを見ての感想

セゾンFの見積もり用1の間取りの場合でも ゆいかよが住んでいる地域の土地購入代金を含めると、最低でも大きいのが5本必要になるのだなと・・・

(土地の価格がどれくらいかかるのかにもよりますが・・・)

しかも、水道引き込み工事やら、外構工事、さらにはオプションなどなど、まだ入っていない経費はどれくらいかかるの!!???(不安度マックス状態。。。)

なかなか・大変・・やな・・・・

・・・

私のようなものでも支払っていけるのでしょうか!?

どうでしょうか!!!????

ということで、次回はファイナンシャルプランナーさんに資金計画を相談させていただいた模様を公表していきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする