引き渡しまであと約1月半!

ゆいかよです。

我が家(一条、ブリアール)も屋根瓦の設置も終わり、床暖房の配管、フローリングが週明けにも終わるようです。

ブリアールやセゾンなどの在来工法の場合、先に床の設置が終わってから壁面の施工に入るとのこと。
まだキッチンは設置されていませんが、キッチンの場所にもきちんとフローリングが貼られていました。
(もちろんキッチンの下には床暖房の配管はなしです)

来週中には階段の設置、壁の施工が行われるようです。

いよいよ引き渡しまで残り1か月半。
あっという間です。

さておき、ここまで来た状態で、まだまだこれから決めなければならないことがまだたくさん残っています。

まだまだこれから決めなければならないこと

引き渡しまで残り1か月半を前にして、まだまだ決めなければならないことが残っています。

リストアップしてみると

①外構工事の内容

(一条提携外で実施しますので、引き渡しの1か月前くらいまでに契約する予定です。)

②カーテン(卸問屋に相談に行くつもりです)

③ネット、テレビの契約(ケーブルテレビか、光テレビかで迷っています)

④家電の買い替え

(今のところ洗濯機は確定。加湿器も購入するかな。テレビは我慢か、買い替えか?)

⑤引っ越しの見積もり・契約

⑥火災保険の見積もり・契約

⑦娘の幼稚園(2つの幼稚園で迷っています。更に、バス通園か、自転車での送り迎えか)

⑧通勤経路(どちらの路線で行くか・・・込み具合、本数の多寡、バス便の便利度合いなど、様々な要素が関係しています)

このようにまだまだ決めなければならないことが山積みです・・・
家を建てると決めてから、いろんなことをいっぱい決めてきましたが、まだまだ残っています・・・
なかなか大変だ。

まだまだ決めなければならないことの他に、大きく頭を悩ませる問題が・・・

そう、現賃貸マンションの退去についてです。

あまり詳しくは記載できませんが、大家さんが地域でも評判の・・・・なんですよね・・・

住む前にはわからなかったのですが、結構これまでも住民と揉めているようです・・・

住んで1年以内に退去する方もいたりするようで・・・

我が家もこれが原因で家の購入に踏ん切りがついたといっても過言ではありません。

退去に際してもあれこれ原状回復経費として請求されるのではないかと心底心配です・・・

とある問題が原因で管理会社と話したことがあるのですが、

「他の大家さんなら退去の際の確認は30分程度で終了することがほとんどなのですが、ここの方は最低でも1時間半はされます・・・」

とのこと。

考えるだけでも憂鬱です・・・

皆さんは賃貸の退去の際にはすんなりと、納得のいく原状回復費用となったでしょうか?

気持ちよく引っ越しして、新しい生活を始めたいものです。

またこの経過についてもかける範囲で書いていければと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする