2階廊下の有効活用について(課題解決③)

ゆいかよです。

2階部分の間取りについて、様々な問題の解決が関係しております。

今回は少しでもデッドスペースがない間取りの検討として、2階の廊下について記載したいと思います。

廊下ってデッドスペースですよね?

みなさん、廊下ってどうされていますか?

廊下って

・そこで座るものでもない

・寝ることもできない

・そこで遊ぶのも難しい

・細くて暗い

ということで、使い道がないですよね?

私としては、細い廊下の先に部屋がある・・・というような間取りは、なんだか暗い感じがするし、また、ほとんど使い道のない廊下をなるべく配置したくないという思いがあり、ずっと有効活用できないか?と考えておりました。

そこで私が考えたのが

廊下をセカンドリビングのように活用する

というものです。

例えば間取りが許せば

・本棚を設置するとともに、椅子を置けば書斎に

・バルコニーにつながった廊下とし、明るい廊下に

・洗濯物のアイロンがけができるような空間に

・子供の第2,第3の遊び場に

などなどできないか?です。

どうせ廊下の面積を確保しなければならないのであれば、無駄にならないように、それも合わせて活かせるような間取りにできないのか?というのが考え方の根幹です。

これまで前2回の課題とも合わせた解決案が浮かびましたので、次回、披露させていただきたいと思います。

ロスガードの配置吹き抜けの空気の抜け場

無駄なスペースが増えただけなのか?それとも、画期的な間取り案が生み出されたのか?

乞うご期待です。