床暖房の温度設定を試してみました②

ゆいかよです。

前回床暖房を初めてつけてみて、テストをしてみるという記事を記載いたしました。

本日はその結果を掲載します。




まずは前回のおさらい

11月23日10時時点の室内温度です。

室内温度10度、湿度70%超え!?(湿度はあやしいと思います)

一度も床暖房をつけていない状態です。

ちなみに、この日の気温は

最高気温 15度

最低気温   9度だったようです。

11月23日の夜間のみ床暖房をつけた翌日の室内温度

11月23日の23時から翌24日の7時まで8時間、床暖房を30度設定にて付けた時の室内温度です。

測定した時間は11月24日10時

室内温度は17度から18度といったところでしょうか。

湿度は体感と同じくらいの数値になっていますね。40%前後です。

30度の設定で8時間付けた時、7度から8度の上昇となっています。

この後、13時ころまで嫁ちゃんは用事で新居に滞在していたのですが、帰り際に室内温度を見てもらうと16度ほどになっていたようです。

3時間ほどで1度下がっています。

というか、配管内の水が温度を保っていたので1度下がっただけなのでしょう。

本当はこの日の夜に室内温度を測りたかったのですが、仕事の都合で帰宅が深夜になったため確認ができていません。

11月24日23時から翌25日の7時も同様の設定でどうなるのか?

同じように試してみました。

11月24日の夜間のみ床暖房をつけた翌日の室内温度

11月24日の23時から翌25日の7時まで8時間、床暖房を30度設定にて付けた時の室内温度です。

あれ?

やっぱり16~17度くらいで落ち着いています。

ということは、推測として7時から23時の間に水温が落ち、室内温度もそれにつられて10度近くまで戻っていたと思われます。

そこからあらためて床暖房の水を30度に加熱、室内温度も16度くらいに戻ったという感じでしょうか。

この方式で行くと毎晩10度くらいの水温を30度まで上げるのにパワーを使い、また冷めて、またパワーを使ってということで非効率な状態なのかもしれません。

ということで、今日はこの設定で明日どうなっているのかを試してみたいと思います。

23時から7時までは通常設定で32度。

それ以外はセーブ設定の24度で試してみます。

今晩の22時くらいの時点での室内温度も見に行ってみたいと思います。

また明日の結果を楽しみにしておいてください。