離れて住む親にタブレット購入

少しずつ日が落ちるのが早くなってきましたね。

今日は19時前には薄暗くなり始めてきました。

もう夏も終わりですね。

夏大好きな者にはちょっと悲しくなる季節です。

ゆいかよです。

先日は3歳になる娘の七五三の前撮りについて記載しました。

今回も家づくりとは直接関係ないですが、お気に入り(?)グッズについて記載してみたいと思います。

撮影スタジオにて七五三の前撮りをしたのですが、そこで撮影していただいた写真のほか、動画もずっと撮影しており、やはりこういったものは家族の宝物ですし、ジジババも繰り返し見たいものだと思います。

私の親とは少し離れて住んでおりますので、たまにしか会うこともできませんので、孫の写真を送ってあげたいと思うものの、親は未だにガラケーだったりしてなかなか対応ができておりませんでした。

親はガラケーを使用しているにもかかわらず、パソコン用にと無線LANを引いていたりしております。(あまり使いこなしていないようですが・・・もったいないですね・・・)

いい機会ですので、この際、タブレットを購入・設定してあげ、ラインなどで写真をどしどし送ってあげることにしました。(ほぼ写真を見るためだけの使い方になろうかと思います)

タブレットを親にプレゼント

もうちょっと早くに購入してあげればよかったのですが、この際ということでタブレットを購入・設定し、プレゼントすることにしました。

既に実家では無線LANを引いていますので、タブレットもWifiモデルさえ購入すれば事足りますので、シムフリーの安いタブレットを購入することにしました。

どのタブレットにするか?

iPadか?

iPadは性能やデザインは良いもののちょっと価格が高すぎますので、どうしようかというところから。

ちょっと前に廉価版iPadが発売され4万以下で購入できますが、それでもまだ高いと思っていました。

平成29年8月2日時点の最安価格でも

32GBのもので36,000円程度、

128GBのもので45,000円程度となっています。

写真や動画などのデータをたくさん送る予定ですので、さすがに32GBではちょっとしんどい・・・ということを考えると、128GBが候補になるのですが、45,000円も出すのはさすがにちょっと使用目的から比べてもコスパが悪いという感じがしますので、iPadは候補から外しました。

なるべく大きい画面のものが良いので、10インチくらいのものを探すということで探すとなると、評判が良いのは以下の2社のモノにほぼほぼ絞られる感じです。

・ファーウェイ(中国メーカー)

・ASUS(エイスースと読みます・台湾メーカー)

どちらも海外メーカーですので、はじめての方は??と思われるかもしれませんが、最近、国内でも人気のメーカーとして定着しつつあります。

ではまずファーウェイから見てみましょう

ファーウェイのタブレット

ファーウェイは中国メーカーの商品ですが、最近技術力も高く、デザインもそこそこの成長企業です。

世界での売り上げも拡大傾向にあり、スマホ業界では世界シェア3位の位置につける企業です。

順位的には(順位は2017年第一四半期(1-3月)のものです)

1位 サムスン  (世界シェア26%程度)

2位 アップル  (  同  17%程度)

3位 ファーウェイ(  同  11%程度)

4位 OPPO  (  同   8%程度)(中国メーカーです)

となっているようです。

私が検討したのは

発売は2016年6月ですので、1年とちょっと前の商品です。
アマゾンでは白のほうが高く22,000円ほどになっています。しかし、カカクコムで見れば白も黒も19,980円ですので、カカクコムのほうが安いです。
それともう一つは
こちら

先ほどの機種の後継機種です。

先ほどの商品の発売からわずか1年後、最近出た商品です。

発売は2017年6月。

こちらは最安でも27,000円はしています。

違いはOSが現時点での最新のもの(android7.0)、メモリも3ギガ、ストレージも32GBとなっています。

(今日、アンドロイド8.0のリリースについての記事を見ましたので、もうすぐ8.0が出るのでしょう・・・もう少し早く記事が出ていれば・・・)

次いでASUSの商品についてです。

ASUSのタブレット

ASUS(エイスースと読みます)は台湾のメーカーです。

スマホの世界シェアはまだまだトップに近づいていませんが、日本国内でのシムフリースマホは売り上げを拡大してきているようです。

もともとはパソコン関係の世界では有名な企業で、私の自作パソコンのモニターもASUS

のものです。

(安いし、デザインもよかったのでこの会社のものにしました)

ちなみに比較検討したのはこれです。

価格は3万円超えです。

しかし、ファーウェイの機種に比べ、CPUの性能がちょっと低いのと、ストレージも16GB、しかも(あまり使うことはないと思いますが)カメラの性能がちょっと低いにもかかわらず価格が高いということもあり、結局ファーウェイの中で比較することになりました。

最終的に購入したのは

ファーウェイの旧モデルを購入しました。

使用目的も写真を見るのがメインになるでしょうし、それ以外に硬スペックが必要となる使い方はしないであろうとの思い、また、7,000円も差があるのはちょっと大きい、また、発売してから間がないものは、大きなバグを抱えている可能性もあったりするという思いから、旧モデルを購入しました。

購入してから思ったのですが、新機種(27,000円)のほうにしておけば良かったと後悔しています・・・(まだ購入後1日しかたっていません(笑))

というのも、OSのバージョンも8.0になるということですので、アンドロイド5.1も3世代も前のものになりますし、メモリも3ギガと大きいのでそれにしておけばよかったとの思いです。

OSやらアプリやらのバージョンアップがあった場合、古いものは挙動がおかしくなったりするものもたまにありますので。

ま、過ぎたものは仕方ないとして、ラインの設定やらアプリのインストールをしてから親にプレゼントしようと思っています。

(ラインならば写真や動画の送付も楽ですし、アルバムも登録しておけるので写真などのやり取りが楽にできますので)

当然、写真やら動画やらをたくさん入れて。

その他、

・データ保存用のマイクロSDカード128GB

・タブレットカバー

・ガラスシート

このガラスフィルムはおすすめです!

価格も安いですし、何よりもしっかりしたシートであるが貼りやすく、失敗しても貼りなおせます。

万が一貼り方が失敗した場合でも千枚通しみたいな先の細い固いものでゆっくりとシートを持ち上げれば貼りなおせます。(私も貼りなおしました)

などを付けてプレゼント予定です。

ラインを使用するには一工夫必要!

wifiモデルを購入した場合、ラインを登録しようと思ってもそのままでは使用できません。

というのも、ラインの登録は本人確認というものが必要となり、通常は電話番号が必要となります。

しかし、他にフェイスブックからの認証をすることにより登録ができるようになっています。

ここでは操作方法を詳しく記載しませんが、順序としては

ジーメールなどフリーメール登録 ⇒ フェイスブック登録 ⇒ ライン登録 という流れで簡単にできます。

様々な方が登録方法を写真入りで紹介されていますので、もしやり方が分からない方は調べてみてください。(家電など、電話で登録する方法もあるようです)