エリア開発の戸建て物件を見に行く

こんばんわ。ゆいかよです。

今日は仕事が忙しく、今帰ったところです。

しかし、今日も記事をアップしてから寝ます。

先日の記載内容は、探せども探せども土地も中古物件も見つからない!というものでした。

まだその時は一条工務店で建てることに決めていたわけではなく、ほかにもっと手ごろな価格でよいものを建ててくれる会社はないのか?ということで、いろいろと探していたところです。

物件に出会うということは、まさに運命的なものなのでしょうか?タイミングなのでしょうか?

それとももっと根本的なところで探し方が間違っていたのでしょうか??

おいおい記載していきます。

今日は「エリア開発の戸建てを見に行く」ということについて記載していきたいと思います。

「エリア開発の戸建て」

ネットで物件を探しているとき、大規模分譲開始!もしくは大規模分譲中!といった広告が目に入りました。

この時は近畿地方ではそこそこの分譲実績のある中堅ハウスメーカーさんが150戸近い宅地を一体開発し、売り出しているというものでした。

「どういう家を建てる会社」なのか、また、「地域の雰囲気、利便性はどのようなものか」を見に行こうということで、休みの日に妻と子供と一緒に見に行ってみました。

エリア開発のメリット

・一体開発することにより、街並みを考えた整備ができる(道路幅を広く取れたり、敷地を有効活用できる)

・地盤工事、配管工事等、一括してできるため、効率的・経済的にできる

・建物が同時期に立ち上がるので、街並みがきれい

・新しく移り住む方ばかりのため、先にお住まいされている方々との地域のしがらみのようなものがない

・土地と建物の決済が1回でできる(土地と建物を一緒に購入することになる → つなぎ融資等の必要がない)

などなどがあげられると思います。

確かに、町並みは素晴らしく、新しい生活が始まるぞ!という感じがものすごい味わえる、いいものでした。

見学させていただいたハウスメーカーの信頼性

このエリア開発をされている会社は近畿圏ではそこそこの実績のある中堅ハウスメーカーさんで、建てる人の立場になった、安心できる、信頼できる建物を建てることを第一に考えておられ、自社で家の構造などを説明できる見学施設を持っておられるなど、確かににつくりはしっかりしておりました。

耐震等級も3ですし、さらに制振ダンパーをいれるなど、地震対策もしっかりとされたものでした。

また、営業の方も心から私たち家族のことを考えていただいているのがわかる接客をしていただき、胸が温かくなりました。

こちらのハウスメーカーに決めなかった理由

しかし、最終的にはこちらの物件には決めませんでした。

というのも、この大規模開発されている場所は駅から少し遠く、また、バス停も少し離れており、通勤、通学にちょっと支障があるなと感じたからです。

(もし、バス停がそれこそ歩いてすぐの場所にあったならば、ここに決めていたかもしれません。)

また、妻も街の雰囲気は良いものの、立地がちょっと・・・ということで、残念ながら決定には至りませんでした。

大規模開発できる場所となると、やはり大きな宅地が必要となり、そうなると山の際などの残された場所にならざるを得ないというように、立地の面でデメリットが出てくるのはやむを得ないと思います。

立地が良ければ価格がかなり高くなるでしょうし・・・悩ましいところですね。

営業さんに聞いた土地の話について

営業さんといろいろ話をする中で、この会社は注文住宅として住宅の建築のみを受けていただけるのかと聞いてみたのですが、この会社ではそれは逆に割高になると言われました。

というのも、大規模開発前提で動いている会社なので、その合間にわざわざ職人を回して1戸だけ建築に行かせるというのはできなくもないが、割高になるとの話でした。

ハウスメーカーにも様々な形態があるのだと知った次第です。

また、この際だと思い、その営業さんに土地の探し方についても聞いてみました。

すると、私が今まで知らなかった、重要な仕組みについて教えていただくことができました。

次回、その仕組みについて詳しく記載していきたいと思います。